堅実な人

お金がない > あなたは堅実な人でも、お金に苦労するかもしれません。
お金

堅実な人の特徴

何事にも控えめで質素、流行ものに流されないで自分のスタンスを貫く、実用的なものを好み、無印良品のようなシンプルが好きで、あまり物を買わずに、生活感を感じない部屋を好み、整理整頓がされている。

お金がかからないデートをこころがける

割り勘を徹底し、ある意味異性にモテナイ

過去に様々な挫折から立ち直った人
学会での発表実績のある人
科学論文若しくは特許文書などの作成経験者
就職活動を大学4年から始めた人
大学の研究テーマに打ち込めた人
部活・課外活動が学生時代の大半を占めてない人
学費を自ら稼いでいた人
学生時分に決して遊べなかったと言える人

日本の医療をなんとかしようという志の強い人
社会に貢献するとは、どういう意味かを良く理解し、身をもって実行できる人
タバコを吸わない人
正しい日本語を話せる人
誰にでも理解できる科学的かつ論理的な文章を書ける人
人間として進化し続けている人
他人とのコミュニケーション能力に優れている人
責任感の強い人
誠実な人
自分は運がいいと思う人
実行力のある人
問題解決に意欲的な人
他人に頼ることが嫌いな人
英語が苦手で無い人
機器の構造、仕組みや原理に精通している人
パソコン(ワード・エクセル)などの操作ができる人

お金がほしいというのは人間の欲

食欲、金銭欲、物欲、色欲、権力欲、名誉欲、睡眠欲、人間の欲の種類である7つの欲全てに当てはまります。食欲は満たされ、欲しい物も思う存分買えて、恋人も手に入れて、権力・名誉も時には買うこともでき、眠ることに関しても時間や場所を買うことで、充分な睡眠・リラックスを満たされる時代になっています。

節約も大切ですが、健康を考えない食生活を繰り返すと後からのツケが回ってきて病気をしてしまい、逆に入院費や手術などで費用がかかるということもあり得ます。健康は買えないといいますが、ある程度の予防という健康維持はできますが、遺伝子的な見解にまでいくと難しい側面があります。

仕事がなくて生活費がないという人は自分の中でこんな仕事はしたくないという気持ちがあり、そこで変なプライドが発生しているかもしれません。充分に働けるのに働こうとせず、逆に生活保護受給者が増えている昨今、国自体がカラカラになりかねません。

まともに働いたとしても、実は生活保護の受給の方が逆に生活がよいということもあります。その辺のバランスが崩れているから、働いて得るという本来の労働する事が失われているのではと・・・沖縄ツアーがすごく安いから行きたいなと思っても、そこは我慢して1泊6500円のホテルで家族みんなで楽しく過ごすのも平和です。

年収が1000万だとしても、その人は常にまだ足りないと感じ、不安を感じてるかもしれませんし、年収2〜300万でも充分に幸せと感じる人もいます。つまり、その人の感性・考え方によっては、概念やポイントはその辺で違ってくるのです。

また人は知らない事もあって銀行は実は余っており、しかも融資先に困っていて、危ない人には貸したくないようで、付き合いのある会社関係に100〜200万円借りてもらって、融資実績を積んでいるという報告を金融庁にしている状況です。

政府が色々政策を打ち出していますが、銀行が国債を買わずに民間に融資してくれると景気が上向きます。銀行に日銀から流れても銀行はほとんど海外の国債や株式に回して中小企業には回らないという結果になります。つまりある所にしか回らないような循環になっていて、本当に必要なところには回らない矛盾さがあります。    

こちらの記事もおすすめです

どうしてもお金が欲しい
カード審査が通らない
お金がない専業主婦でも借りれる
マジで金ない
継続はお金を生む
お金がない時の相談相手