カードローンの審査が通りやすいのを選ぶ

通りやすいのはメガバンク資本

お金がない > 審査が通りやすいのを選択
お金がないときの対処法
三井住友銀行カードローン審査に通りやすいのはどうでしょう。
個人融資の場合、破綻傾向が少ないので貸し倒れのリスクも少ない傾向です。

個人の家計を助けるためにローンを借りるわけですので、銀行も貸すのが仕事なわけですので、みずほ銀行が反社会的に貸していますので、審査は通りやすい傾向にあります。もし、どこも貸し渋っているとなると、救済措置でもあるカードローンの商品がメガバンクといった資本の大きい企業がストップをかけてしまいますと、事態が収拾のつかない方向に行ってしまいます。

ただ住宅ローンをやみくもに返済していても大変なことになります。
三井住友フィナンシャルグループがプロミスと提携
プロミスとアットローンが合併
SMBCコンシューマーファイナンス 2012年4月1日に三井住友銀行の完全子会社化

元々単体のプロミスを三井住友銀行の系列に引き寄せました。
神内ファームの神内さんがプロミスの創業者である。

プロミス単体から
三井住友フィナンシャルグループに入り
その後 SMBCコンシューマーファイナンスに社名を変更し
三井住友銀行の完全子会社化になりました。

そこで知名度があるプロミスをそのまま活用し、消費者事業としてプロミスがあります。

三井住友銀行はSMBCコンシューマーファイナンス(すなわちプロミス)に審査や保証業務などを行なってもらい、豊富な資金で、カードローン融資に対応することができるようになったのです。

プロミスを子会社化にすることで三井住友銀行で即日融資が可能に
プロミスが持っているノウハウ、カードローンの延滞や不良債権のデータを獲得したことにより、融資回収と債権管理の能力をSMBCコンシューマーファイナンスに行なってもらうことで、三井住友銀行が即日審査と即日発行が可能になったのです。

つまり、審査業務などを子会社のプロミスが行なって、お金を出すのが三井住友銀行ということになったのです。

プロミスは個人に対しての、審査能力を買われ、資金豊富な銀行が金を出すという構図が出来上がったのです


三井住友銀行の人事では、プロミスなどの消費者金融に出向していた久保健氏が三井住友フィナンシャルグループ副社長と三井住友銀行の代表取締役副頭取に栄転しています。この人事をみてもわかるように、いかに個人向けのカードローンの事業が重要であるかがわかります。それだけにプロミスの事業を注視していたのです。



やはり金融庁の目が厳しいということもあり、昔のCMのような消費意欲を助長する戦略をうちたてることは出来なくなっていますので、イメージを刷新するためにも有名タレントを起用したブランド戦略をしていますので、身近で借りやすい印象がもたれます。カードローンの審査が通りやすいのは、人事とCMを流している会社で判断するといいです。
お金が欲しい

対処法

月10万円をもらう方法
食料をツケにする方法
スマートフォンで乗り切る方法
ドコモで乗り切る方法

Copyright (C) お金がない時の対処法 All rights reserved 運営