家賃の支払いを延ばす

支払うべきものである家賃を金がないのでなんとか先延ばしに

お金がない > お金無いから、我慢して蓄える
お金がないときの対処法
まず住んでいるところが、借りているのか、ローンを組んでいるのかで違ってきます。もし住宅ローンを組んで家やマンションに住んでいる方であれば、払い終わるか、途中で売るかという方法をとらない限りはこの方法は使えません。

ローンを組んでいる方は、返済が少しでも滞ってしまうと、競売にかけられるという結果になります。最近の若い方のローンの組み方は、ボーナスをあてにしている組み方をしていますので、とても危険ともいえるやり方です。

公務員が高いのは分かっているので、下がるのは当たり前かと思いますが、一般企業は会社の業績によってかなりのボーナス減があったり、支給無しという結果もありますので、このローンの組み方は非常に危険といえます。

ローンを組むと対処の方法が難しいですが、賃貸となると色々と回避できるようになります。

現に住んでいるところが賃貸であれば望めます。

ブラックなやり方だと、逃げるという方法。あまり家財を必要としないでこれはいらない処分できると考えているなら、夜逃げがあります。ただ、次の住むところが決まっていれば問題ありません。

住んでいるところが自主管理している大家さんのアパートや戸建の場合ですと、ある程度の家賃を先延ばしにしてもらえる傾向にありますし、分割での支払いも可能だったりもできます。

入居の家探しの段階で自主管理をしているところですと、なかなかネット上などでは見つけにくいというものがあり、たいてい自主管理している方は、持ち物件の窓に手書きなどで空室ありと書いた張り紙が貼っていますので、自分で足を運んで見つけるというスタンスになります。

近くに大家さんが住んでいると、逆に集金に回る大家さんがいたりしますので、顔見知りということもあって、人柄にもよりますが交渉してみる価値はあります。逆に近くに住んでいる大家さんでも、最近は銀行振り込みが主流ですので大家さんによっては、毎月の通帳をチェックしていない場合がありますので、知らない間に少し返済を遅らせるということもできます。

基本的に昔なからのアパートで、大家さんとも話を交わせる間柄であれば、交渉も可能となってきますが、最近の主流でもある管理会社が行なっているアパートですと、オーナーへの延滞というリスクはよくないということになりますので、厳重にチェックをしていますし、入居の際には保証会社の審査をさせたりしますので、そのような方をまず入居させないようになっています。

ただ入居したときは会社勤めをしていて、属性もよかったけど、体調を壊して会社を休業し家賃を払えなくなるというケースもありますが、そういった時には保証会社が負担してくれるようになっています。

ですが同時に退去のお願いもきますので、結局は出て行かなくてはいけません。

面倒見のよい大家がいるアパートですと、先延ばしできる可能性はあります。
ただし管理会社が管理しているアパートですと、管理会社によってずさんなところは先延ばしができる可能性はあります。しっかりとした管理会社ですと少しでも遅れると電話がひんぱんにきて、保証人のところに催促をかけます。

お金がないときに対処するには、先延ばししてもらう方がよいです。

お金が欲しい

対処法

月10万円をもらう方法
食料をツケにする方法
スマートフォンで乗り切る方法
ドコモで乗り切る方法

Copyright (C) お金がない時の対処法 All rights reserved 運営