クリスマスにお金がないとき

クリスマスにお金が無いということは年末もやばい

お金がない > お金がないときに考える
お金がないときの対処法
クリスマスプレゼントは、あなどれない予算が必要という場合もあり、色々と計画をたてる必要性があるかと思います。特にクリスマス前に連休があるとなると、緻密にスケジュールを考え予算を確保するのに、サラリーマンなどの会社で働いている方はカードローンで審査が通りやすいので手堅く確保しています。

クリスマスプレゼントやクリスマスのために、自分もある程度きめておかなければいけないので、ファッションにも気をつかいますので、かなりの出費が予想されますので、師走の12月はやはり、予想以上の消費が考えられます。

家族がある方もそうですし、カップルもそうですし、クリスマスが終わると正月もあるのでお金がないという状況では厳しい状況になります。

クリスマスや連休でお金が必要

クリスマスプレゼント
クリスマスケーキ
クリスマスのためにキメる格好
クリスマスデートの資金
デートの最終準備

カップルや今年はキメタイという感じですと
目標は最終地点でもありますので、事前にお金が必要になってきます。

クリスマス以外でも12月は色々と買いたい行動になってしまいますのでどうしても、お金がないという状況になりがちになってしまいます。

支出増加になる傾向
予定より収入不足になり消費額がオーバー

12月はクリスマスだけではなく正月もありますので、そのためにもボーナスの出方によっては、かなりの予定が狂ってしまったりするかもしれないので、節約とのバランスも大変重要になってくるのではないでしょうか。

クリスマスの支出の増加でお金がないときの対処法は、クリスマスまで地味に節約するという考え方も必要ですし、それでは補えない部分も出てくるので会社勤めの方の信用は高いので、カードローンで補填して、メインイベントでもあるクリスマスに成功する方がストレスも少なくなるようです。

やはりクリスマスイブは24日ですので、給料日が25日であるのであれば、先に消費しているのは必然的ですし、お金がないときの対処法は考えておく必要があります。

クリスマスの資金繰りプラン

収入11月25日 給料日25万円
貯金11月25日 現金25万円
支出11月30日まで 現金3万円
支出11月30日 支出7万 家賃・光熱費、通信費
貯金11月30日 現金15万円
支出12月24日まで 現金15万円 クリスマスプレゼントやオシャレ支出で増加
貯金12月24日まで 貯金がなくなる可能性
現金12月24日までにカードローンで10万円調達 カードローン合計残高10万円
年末や年明けまでの予備費として10万円を用意

連休12月21日給料日前の可能性 3連休 クリスマスの代替になる可能性が高い
連休12月22日給料日前の可能性 3連休 クリスマスの代替になる可能性が高い
連休12月23日給料日前の可能性 3連休 クリスマスの代替になる可能性が高い

支出12月24日 クリスマスイブなのでデートや宿泊などで支出が増える可能性
支出12月25日 クリスマスのためデートや宿泊などで支出が増える可能性

収入12月25日 給料日25万円
支出12月31日 支出7万円 家賃・光熱費、通信費
支出12月の年末 付き合い 忘年会などの交際費
現金1月5日 カードローンの10万円を返済
支出1月の年始 付き合い 新年会などの交際費

クリスマスイブ直前に連休があると給料日前に支出が増加する傾向にあります。
お金がない時の流れとしては、予備費として金融機関で借りておく方が、クリスマスデートも成功するでしょう。
お金が欲しい

対処法

月10万円をもらう方法
食料をツケにする方法
スマートフォンで乗り切る方法
ドコモで乗り切る方法

Copyright (C) お金がない時の対処法 All rights reserved 運営