嘘と真実を使い分ける

お金がないのは本当なのか

お金がない > 嘘と真実を使い分ける言葉

お金がないという言葉は嘘と真実で使い分けている方が多い。

記憶をたどれば、幼少のころからこの言葉を知っているし、親の真実なのか嘘なのかは
幼い時期では判断ができない。ただ我を通したい気持ちが、その言葉によって屈せられる

おもちゃ売り場で自分のほしいアイテムをみつけると、すこさず親に懇願する。
懇願することで親は心を揺さぶられ、買ってくれるのだという自信というかわがままを
勝ち取れるという確かではないが根拠はもっているのである。

しかしその確率はよくて6割が限度かもしれない。無理のないアイテムをねだれば
すんなり通る確率は高いが、高額なものになるとやはり拒絶するかのように、
最終的な一言が帰ってくる。そうお金がないだ。

必要がないという言葉もあるが、これはある程度の理由を述べることでクリアできる
言葉であるが、お金がないと言われるとかえしようがない。

その時の言葉は本当にお金がないのかは判断できない。だが子供にとっては
本当にお金がないんだということを信じている。

実際には嘘の言葉でもあり、そんなことに使うお金はないという真実でもある。

人間は嘘を使い分けることができる動物です。

銀行強盗が押し入り、金を出せと言われますが、ココにはこれだけのお金しかない
という防衛的な嘘の発言もでたりします。日ごろの対策として渡すだけのお金をココに
いれておくという手法をとり、最小限の被害に抑えるという対策をとっていたりもします。

お金がないというのを単位として計れるとしたらどこまでがラインなのかはわかりません
それだけ広く意味のとれるものであるので、嘘か真実なのかの物差しも日常における
状態で深く浅く変わってくるのだと思います。

事業拡大のための資金が乏しいというのは真実に近いものですし、塾に行かせるお金がない
というのは真実に近い嘘なのかもしれません。

自己防衛のためにつくうそもあるのは確かです。本当にお金に困った場合の人間の行動というのは本心からでる真実なのでしょう。

お金が欲しい

対処法

月10万円をもらう方法
食料をツケにする方法
スマートフォンで乗り切る方法
ドコモで乗り切る方法

Copyright (C) お金がない時の対処法 All rights reserved 運営