守銭奴

執着のあるのは守銭奴

お金がない > 守銭奴

お金を持てば持つほど守銭奴率が高い 

お金に対しての執着が高く、貪欲でもあり、けちでもある。お金持ちにケチが多いというのは聞いたことがあります。ケチというよりは無駄なものは買わないで、使うべきのところにはお金をかけている気がします。

料理にしても、口に入るものは必然的に健康状態にも左右しますので、無農薬で身体に害のないものを選ぶと、それなりにコストがかかった高いものになりますので、一般市民には高い思う食品を使うようになります。

ただ取引など仕事に関することに関しては、かなりお金にはシビアに交渉します。そういった部分で、あの人はお金があるのに、どうしてこんなにケチなのかと思ってしまうのです。


ただお金になりそうな話ですと、そういうところには糸目をつけずお金をかけます。人によっての考え方かもしれませんが、そういうところには執着があるかもしれません。


コツコツとお金を貯める人もそうですが、その人だって執着はあるといってもいいかもしれません、毎日の昼食は500円以内ときめていて、通勤も健康のために電車を使わず徒歩。といったように、お金の節約という観点からしてみると、節約をしているんだなと思いますが、違った観点からみてみますと、そういった行動はお金にケチという部分も垣間見えますので、ある意味守銭奴かもしれません。


結局はある程度の執着やケチがなければお金は貯まらないので、通常の行為ではないかと思います。世の中銭や銭があれば怖いもんなしやー、というフレーズがよくドラマなので聞いたりしますが、実際の日常の中では決して聞けないフレーズですが、本当の心の中で叫んでいる言葉と言っていいでしょう。


金持ちが捨て台詞で、もう金には興味がないと言ったりしますが、昔は守銭奴だったからこそそんな言葉が言えるのでしょう。お金は守銭奴でなければ貯まりません。

お金がない人もお金の欲があり、急にお金が入ったりすると執拗に、自分のお金だという主張をあげたりしてとられたくないという方法を考えます。ですが日本にいる以上は稼いだお金全部が自分の収入になるわけではないので、なぜ働いたのに税金でもっていかれるんだという気持ちから、税逃れをしてしまう人も守銭奴と言えるでしょう。

お金が欲しい

対処法

月10万円をもらう方法
食料をツケにする方法
スマートフォンで乗り切る方法
ドコモで乗り切る方法

Copyright (C) お金がない時の対処法 All rights reserved 運営