お金がないときの相談相手

お金がない > 対処法 > 相談相手を選ぶ

相談相手は限られてくる

相談する相手はやはり、シーンによっても色々と変わってきます。
シーンというのは、その時にお金を欲する状況だと思います。本当にお金がなくて困っているときに相談する相手。

まず身近にいる存在がやはり相談しやすいと思います。自分の頭の中で相談できる相手は何人いるか考えてみましょう。

夫婦であっても、何らかの状況によっては相談できません。家庭の中での金銭に関わることであれば、真っ先に相談するのは、夫や妻です。

住宅を買うのにあたって、ちょっと資金が足りないなーと思う時は、親に相談したりもします。ただ、夫に内緒でとか妻に内緒で○○をしていた場合においてのやらかした時の相談は、パートナーには相談できません。

会社の同僚や友人にしか相談できませんし、この際金融機関で借りちゃうということになります。友人に話したところで済む話であれば、事が済むのですが、大事に貯金をしていたものを勝手に使ってしまい、すぐに返せるほどの額ではすまされないほど使ってしまって、友達に話せるレベルではないことになっていると本当にどうにもなりません。

お金は貯めるのはコツコツとしなければ貯まっていきませんが、お金の消費はあっという間に、ほんとあっという間に飛んでいきます。

もし誰にも言えない妊娠などをした場合はどうすべきかと考える、これこそ親にも相談できない事態です。お金で解決できることもあり、知人にカンパしてもらって処置を施すかたもいます。

こういうときには本当の友達にしか相談できないことです。

もし自分が会社の同僚や上司に、きみ貯金いくらある?と聞かれ、はい1000万ありますと答え、えーまじ!だったらその1000万、利子つけるから一ヶ月間ぐらい貸してくれない?

と、相談されたらどうしますか?

まず私は、その人が何に使うのかを問いただします。

そんな大金を一ヶ月ぐらいだけ貸してほしいというのが不思議ですよね

ゲームだって貸したら一ヶ月では返ってこなかったり、もしくは一生返ってこなかったりするリスクがあります。子供のころは誰かに貸すと絶対帰ってこないという100%リスクというのもありましたが、子供には子供の社会がありましたのでそれは仕方がないことなのかもしれませんが、相手が返さないとは言っていないと言われれば、それは犯罪ではならないのです。前もって3ヶ月後には返してよといった風に、前置きをしてからの交渉は大事だったりします。

ですが一ヶ月後に無傷で果たして全額が返ってくるのかという、警戒感はあります。だた、相手の信頼度も大変重要でもあります。このひとは騙す人なのか、もしかしてどこかへ逃げてしまうのではとか?

実際に、1000万でどこへいけるかというと無理ですし、そんな上司や同僚だったらはじめから付き合っていないわけですから。

一緒に仕事をしていてもわかるように、こいつは嘘つきだなーとかいい加減なやつだなーとか判断できますので、こいつには仕事頼みたくないとか動物的な本能で察知できますので、直感で得たものは鋭いので、相談してくる人もそうですし、相談しにいくときもそうですが、ウソをついているということは行動にも出やすいので、明らかに会いてには警戒感や疑惑感がでますので、相談するときには誠意をもって話すことが一番重要だと思います。

相談できる相手がいるだけでも幸せだと思ってください。相談できないで自分だけで考え込んでしまうと解決の糸口は見えてきません。誰にも知られたくない相談であれば、本当の他人に相談するのがいいでしょう。

極端に言えば、ラジオの人生相談がそうです。あれこそ、他人の相談を切り口良く解決してくれます。ただお金の相談は受け付けていないので、経営・相続に関しては税理士に、お金の融資に関しては、他人である消費者金融が手っ取り早いと思います。

おすすめ情報

お金をまずどうしたいかを考えると、長期に渡って何かに向けて稼ぐ方法と、まず身内からお金を借りて返す方法、急ぎであれば先に身内から借りて、金融機関から融資を受けてまず身内にお金を返して、返済していく方法などがあります。

 今すぐお金欲しい方はこちら   

こちらの記事もおすすめです

カード審査が通らない
専業主婦お金がない
継続はお金を生む
お金がない時の相談相手
お金がない

対処法

月10万円をもらう方法
食料をツケにする方法
スマホで稼ぐ方法
ドコモで稼ぐ方法

すぐにお金欲しい
自分がお金を大事にする意識
お金が寄ってくる方法
男と女のお金がほしい欲求理論
ネットでお金を稼ぐ方法

Copyright (C) お金がない時の対処法 All rights reserved 運営