生活保護をうけるコツ

給料が少なくてあまりにもお金がないので生活保護の入れ知恵

お金がない > 本当に苦しいならこういう考え方
お金がないときの対処法
妻は山下42歳、美装会社に勤める清掃員で年収80万
長男が20で新聞配達員 苗字が鈴木 
次男が14で中学生    苗字が鈴木

緊急連絡先が鈴木で33歳 派遣業で作業員をしており年収180万

まずこの構成になんだろうと違和感が生まれるのは確かですが

お金逼迫した結果の偽装離婚で生活保護を得るための行動だったのではなかろうか
現在の居住の家賃が1万8千円で2年住んでいる
それに年収80万だとして 月に6万ちょっとでは、この家賃も払えない、長男が働いているので生活費をいれているとしても3人で暮らすのはきつい感じです。

そこで対策として生活保護を申請して、もう少し住みよい住居へ引っ越すことになりました。

生活保護を申請することで、家賃分は保証されるので、生活も楽になります。
こういった境遇の母子家庭の方であれば、生活保護の救済をすべきだと感じます。

だた悪用する人も多く、今回のような場合でも、旦那の給料が少なくてなんとかしたいと考えた場合に利用することもあるのです。

偽装で離婚をして、妻の収入では生活できないということを逆手にとり、生活保護を申請して、今よりもっとよい住居に住んで生活保護費も、もらえるようになります。 そうすると偽装離婚ですので、前夫は別に部屋を借りていても、毎日のようにご飯を食べに行ったり、車で迎えにきてどこかに遊びに行くことも可能になります。

結婚ではなく、付き合っているという状態であれば、女性は生活保護を受け続ける権利が発生するのです。

要するに共働き的な収入が、偽装離婚家族に発生します。

ただ、この緊急連絡先の鈴木さんは、前の夫では?と疑ってしまいますが
実際のところは、もっと驚くのですが、前の夫の弟なのです。

さらに驚くことがあります。

実は住んでいるアパートが一緒で、しかも隣の部屋になっているのです。

どういういきさつで、どうしてそうなっているのか想像すると大変きりがないのですが、男と女だからこそできる技でもあるのです

お金が欲しい

対処法

月10万円をもらう方法
食料をツケにする方法
スマートフォンで乗り切る方法
ドコモで乗り切る方法

Copyright (C) お金がない時の対処法 All rights reserved 運営