生活保護で家賃滞納

整骨に通い家賃滞納

お金がない > 生活保護を受けているのにも家賃を滞納
お金が欲しい

対処法

月10万円をもらう方法
食料をツケにする方法
スマートフォンで乗り切る方法
ドコモで乗り切る方法
家賃が払えない状態。

入金が確認できず、何度が督促を送ったりしているがまったく反応なし、
管理会社が入居しているところに行くが、家賃の催促だと思われ、居留守をされる

そこで、生活保護生活のため、市役所へ電話して面会を求める

7月8月はお金がないということで払えないという返事
なんでもその期間内において、車に乗る際にずるずるひきずられ、その影響で腰を痛め、コルセットを巻いており整体などに治療費がかかり、保険が利かない治療をしているため、医療扶助がない、よってお金がない

特にパチンコなどの遊興費に使っているわけではなく、本当に金がないらしい。

このアパートに住む以前から女性50代は生活保護で1人で生活をしており
個人の場合は2.4万の家賃が上限で住んでいた。

のちに男性と結婚 男性は70過ぎで年金をもらっている
世帯が増えると、生活保護費が増えるし、さらに年金がプラスになるので、いい金額になるのだが

女性は2.4万の家賃だと言い張るが、家賃の契約書では3万円
結婚する以前の申請では2.4万だったが

世帯をもつと家賃設定が3万になり、入居の際に3万円で契約
役所の申請との違いがあり、ここでは入居の契約どおり3万払うことになる

市役所の方と管理会社と当事者の3者で話し合いをして
ここを出ていくわけにはいかないので、必ず払うという事で、誓約書を書いてもらう。

2か月分の家賃は分割で20回に分けて支払う 9月分からはきちんと払うと言う

そのまま生活保護費から家賃分を直で引いてほしいのだが
6ヶ月滞納した経緯がないと、直接役所経由での振込みが確約しないのである。


Copyright (C) お金がない時の対処法 All rights reserved 運営