税金が払えない

税金が高くて払えない

お金がない > お金がないので税金が払えない
お金が欲しい

対処法

月10万円をもらう方法
食料をツケにする方法
スマートフォンで乗り切る方法
ドコモで乗り切る方法
美川憲一さんでさえ税金が払えなくなり、一時差し押さえになっていたという。

税金を滞納すると、差し押さえがやってくる、事業をしているうえでまず先に納めなくてはいけないというのは税金。税金を納めるために、事業資金を借りるところも少なくはない。

毎年必ずくる税金が多々ある、車を持っていれば自動車税が、家を所有していれば固定資産税が、そして住民税などがある。

さらに追い討ちをかけるように消費税が増税される。

しらない間に税金をとられているのがわからないぐらいに浸透・搾取されており、お金がないの税金が増えるというのは、死活問題でもある。

固定資産がみなさん家を買うときに、あまり頭にいれないで購入する方が多く、毎年くる税金にあぜんとするかたも多いようです。特に木造ではなく、RC住宅(鉄筋コンクリート)の場合、木造に比べれないぐらい、高額な固定資産税がやってきます。

この先の給料がどうなるかと考えた場合、この税金はボディに効きます。

美川さんのように世田谷の一等地の家となるとかなりの額の固定資産税ではないかと思います。住宅ローンを組んでいるのならば、必然的に口座から引き落としがされます。住宅ローンは返済が遅れてしまうと、すぐに競売手続きの方にづるづると行ってしまいます。そのため、なんとしてでもローンは払おうと思うのです。そして年に一回くる固定資産税でノックダウンしてしまうのです。

税金は後払いなのが怖いところで、支払いが後払いというのは一般的に、商品が届いてから払うという安心できるシステムなんですが、税金の後払いはけっこう大変です。

美川さんのような芸能人の方の場合収入の増減が激しかったりしますと、前年度の所得から計算されて、住民税などの納付案内がきますので、翌年に収入が激減していると、後先考えずにお金を使っていた場合には、お金がなくなってしまい払える状況が生まれていないという結果になってしまいます。

日本にいる以上は税金を納めなくてはいけませんが、現代の日本は色々な場面で税金をすこしづつとっている状態で、この税金の合計を考えた場合、収入の半分以上が税金になって納付している状況ですので、世論は公務員などの優遇に問題があるように考えています。

スイスのような無駄の無い税金の使い方を国民が一緒になって構築できるような国にならなければいけないと思います。

Copyright (C) お金がない時の対処法 All rights reserved 運営