家賃が払えない

出費が多くて家賃が払えない

お金がない > お金がないので家賃が滞納する予感
お金が欲しい

対処法

月10万円をもらう方法
食料をツケにする方法
スマートフォンで乗り切る方法
ドコモで乗り切る方法
一般的に家賃の相場としては、給料の3分の1が目安となっています。
・月に300万もらっている人は3分の1ですので100万の部屋に住めます。
・月に100万もらっている人は3分の1ですので30万の部屋に住めます。
・月に30万もらっている人は3分の1ですので10万の部屋に住めます。
・月に15万もらっている人は3分の1ですので5万の部屋に住めます。
・月に10万もらっている人は3分の1ですので3万の部屋に住めます。


しかし、一般的に出費する額は、遊興費や食費などをぬかした場合の
光熱費・携帯・スマホ代などの出費は一人の場合ですと同じような出費額になります。

多く給料をもらっている場合ですと、3分の1の家賃額だとしても、残額に余力がありますので、遊興費なども充実した生活をおくることができますが、実際に給料の手取り20万とした時に家賃6万円のところに住むとした場合には、かなり生活もシビアになる可能性が大きいです。

固定の出費ともいえる、車などのローンがなければ余裕があるかもしれませんが、毎月出て行くお金が多い場合ですと、ぎりぎりの生活といえます。15万が手取りの人は5分の1の3万以内・10万が手取りの人は2万円以内の家賃を探すのがよいとされます。

電気代・水道代・ガス代・携帯・スマホ代といった毎月かかるもの、いわゆる出費は口座から直接引き落としされる選択をされてる方が多く、27日などの日にちが多かったりします。また家賃の場合ですと近年では直接引き落としされる契約もありますが、基本的には借主が管理会社や大家さんに振り込むか直接渡しにいくか大家さんが集金にくるというスタイルです。

先に固定費が預金から引き落とされますので、他にクレジットによるショッピング利用があったりしてさらに引き落としがあったりすると、全然残高が無一文になったりして、気付いたら家賃が払えなくなってしまう確率が一番高いのです。

さらに予定外の出費が毎月続くと自分の給料の範囲では払いきれなくなる状態に陥ってしまうことになりかねません。部屋を安いところに引っ越すにも荷物が多いと引越業者に頼んだり、次の部屋分の前家賃と敷金が発生したりと、高いお金が発生する悪循環が発生します。

よって自分の住む部屋を探すときはやはり自分の給料にあった部屋を探さなければいけません。


Copyright (C) お金がない時の対処法 All rights reserved 運営