宝くじは庶民の夢

貧しいと思うほど宝くじを買う

お金がない > お金がないので宝くじを買う
お金が欲しい

対処法

月10万円をもらう方法
食料をツケにする方法
スマートフォンで乗り切る方法
ドコモで乗り切る方法
昔から宝くじは庶民の夢というのが、定説的にもなっているほどのものであるが、お金を稼ぐ方法としては、確率的にいってもかなり低い率になるが、もし偶然当たればこれはうれしいのはあたり前だ。

だが金持ちになると、宝くじであたった1等ぐらいの金額では、すぐに稼げてしまうほどの額だったりしますので、平気で募金などにあててしまったりします。

当たる確率に期待して、1枚300円のを30枚を毎年購入したとします。

これはある意味元本保証のない、投資ともいえるでしょう。
少ないリスクで大きな見返りがあると考えるか、一種のギャンブルとしてみるか、もしくはよく当たるといわれる、宝くじ売場を徹底リサーチして、さらに神頼みで宝くじが当たると噂の神社でお参りをして、当たる確率をもっと上に高めるという方法もある。

自分がお金が無くて貧しいと感じる人ほど、宝くじを多く買うというデータがあるらしいが、お金がある人は、馬主になったり、カジノでお金を使ったりしている。結果的には人間同じような事をしている。

性格の問題ではなかろうか、性格もある意味、幼い時によって人格形成がなされるわけであるので、一般家庭で育った人間は、宝くじというものに対して、ある種の憧れというか、当たったときの夢膨らむ感が大きくなるのであって、いつかは当たるのではとついつい夢見がちになってしまう。

1等が20本とかあるとなると、なんか当たりそうだなって考えてしまいます。反対に考えると20人が1億円を獲得したことになります。年収300万円の人にとっては30年は何もしなくてもいいという事になります。

この額が少ないか多いのかと考えれば、一括で貰えるとなると心が躍りますが、実際には働かないで、その一億円で生活をするというのは、難しいようです。知らない親戚が増えたりしますからね、そもそもどこから情報が漏れるのでしょうか・・。地道に毎年頑張って100万なりを貯金して30年頑張った方が幸せなのかもしれませんね

お金を稼ぐ方法が見あたらない場合は、宝くじの確率にかけてみるのがいいのかもしれない。


Copyright (C) お金がない時の対処法 All rights reserved 運営