不倫はお金がかかる

不倫はお金がないとやっかい

トップページ > 不倫はお金がかかる
お金が欲しい

対処法

月10万円をもらう方法
食料をツケにする方法
スマートフォンで乗り切る方法
ドコモで乗り切る方法

不倫・愛人にはお金がないと続かない

不倫はお金がないとできない情事でもある

パトロンとは、保護者、後援会などのことを指し、もともとは芸術家らの活動を支援する資産家、企業などのことをいっていたが、いつのまにか女性に月々のお手当てを渡したり開業資金を提供したりする男性のことをいうようになった。多くの場合は愛人関係にあり、親子ほどの年齢が違う

テレビ界の不倫騒動急増で珍商売が注目している

不倫疑惑が相次いで報道、スクープされている。

フリーの山本モナ、テレビ東京の女性記者、TBSの井上弘社長、フジテレビのイケメンアナウンサー渡辺和洋など

そんなわけで不倫対策防止の珍商売

それが
VIP・シークレット・サービス=通称S・S。
リストラされた元写真週刊誌の記者やカメラマンらのグループで構成されるマスコミ対策集団。

元フォーカスの敏腕記者を中心とした
数々のスクープをモノにした経緯もある、芸能プロから“鬼・悪魔”と恐れられていた人物。

サービス内容は
表向きはマスコミ対策であるが、本当のところは局のトップや女子アナの下半身対策が中心として、私生活をパパラッチから守る。

料金は
1回あたりの警護代が全部込みで150万円。

万が一盗撮された場合は代金に3倍の金額を上乗せして返金。

年会費500万円で1回の警護代は50万円。

S・Sに連絡する方法はゴルゴ13のように知らさせてなく、ある日突然、自宅や会社のメールに案内が来る。

メールに
この誘いは一度きりです。
ある週刊誌のターゲットになっています。
身に覚えがあるなら電話を

と対象者のプライベート写真入りで送られてくる。

それにしてもお金がかかる スキャンダルされるよりお金を払った方が損害が少ないのか

お金は程よくあったほうがいい
お金が欲しい

Copyright (C) お金がない時の対処法 All rights reserved 運営