友達が金を返さない

お金がない > 対処法 > よくあるのが友達が金を返さない

その人の性格で見抜くべき、
返してくれないお金

キャッシング極意子供の時、中学、高校のときからお金を貸してくれと言ってくる人がいると思います。友人であれば、いいよという人もいれば、お金の貸し借りは、親にダメだって言われているんだって断る人もいるし、強者から言われれば弱者は貸さなければいけない状況になる。最後のケースで言えば、カツアゲになるだろう、成人になればこれは恐喝になり犯罪になりうる。

心のきれいな人であれば、無償の愛でお金を貸すというよりはあげるという形になります。ただ幼少から中・高・大学時代から、友人に対して、常に金かしてくれという行動をとっている方は、人生の最後までこの行動をとる傾向にあります。

他人からというよりも親しい友人から借りたお金を返さないわけですから、基本的に道徳心が欠如しているからこそ、こういった行動を起こすのです。

100円、1000円といった金額であれば、お互いのケースバイケースでなんとなく忘れたような感覚になるかもしれませんが1万円とかになってきますと借りた方は案外忘れてしまうことが多いようですが、貸した側はしっかりと覚えているものです。

いじめた方は忘れてしまうけど、いじめられた方はずうっと覚えているそんな感じです。

返してくれるのにはどうすれば?

貸しているゲームソフトがいつまでたっても返ってこないように、もしかしたらそういう現象になっているのかもしれません、大人になってからふと実家の押入れを整理していたら、友達から借りていたゲームがあったなんて事に気付くかもしれません。

これは現物があってこそ気付く現象ですが、お金というのはあるようでないようなものであって、過去にそのような事があったことは記憶がもうすでに流れているのです。

さかのぼって問い詰めたとしても、そんな証拠どこにあるの?と開き直って言われてしまったらどうすることもできませんし、友人との絆はここで決裂したことになります。ですが友人が貸してくれと言ってきた段階で、友人としての価値はあるのか?ということを判断する方が、今後の自分の人生において重大な分岐点になるかと思います。

なぜそういう人と友達なのか?
お金がほしい理由がわかっているなら、友達として出来る限りのことをしてあげるのがいいと思います。しかし、あまりにも目的のない、遊ぶ金目的のお金として貸して欲しいと言っているのであれば、今後は距離をおいて関わらない方がいいと思います。

ずるずると貸していくうちに金額も下手をしたら100万近い数字になり、もはや手遅れになるということにもなってしまいます。そうなってしまうとはっきり言って返せない状況になっていますので、そういった環境に自分を持っていかない事がまず大事です。

人生の中で必ずそういった場面に出くわします。

断れないのであれば、借用書を書いてもらうのもいいでしょう。
自分用と相手用の借用書2枚の印鑑が必要です。
そう相手にきりだすと、面倒な人だなーと、この人には借りないや。という心理が働いて、もう2度とこないかもしれません。あくまでも推測ですが効力はそれなりにあるかと思います。もしくは利子がつくけどいいかい?とかも有効です。

相手に貸したという証拠があるだけでも充分に、のちのちの有効な材料になってきますので、断れない性分であれば自己防衛をするしかありませんので、返してくれるような状況を作るしかありません。

金はいつか返す!そう言われたら、待つしかありませんし、返す気がないとは言ってないのであれば、そうとうやっかいになります。

返す気がない人間に貸したら、終わりですので、そういった予備知識は見につけておくべきだと思います。



お金がない時の対処法はこちら


今すぐお金欲しい方はこちら


こちらの記事もおすすめです

継続はお金を生む
お金がない時の相談相手
お金がない

対処法

月10万円をもらう方法
食料をツケにする方法
スマホで稼ぐ方法
ドコモで稼ぐ方法

すぐにお金欲しい
自分がお金を大事にする意識
お金が寄ってくる方法
男と女のお金がほしい欲求理論
ネットでお金を稼ぐ方法

Copyright (C) お金がない時の対処法 All rights reserved 運営