審査が通らない

お金がない > 対処法 > カードローンの審査が通らない
お金

緩くて通りやすいのある?

友達と久しぶりに何人かで居酒屋で飲み会なんかをしたりしますと、会話の中で必ずといっていいほど会社のグチ話だったり、給料の話だったりします。

あいつは年収いくらだとか、おれはこれぐらいだとか、この中で一番出世しているのは○○だとか・・・ そんな会話の中で、自分と同じ年収で、住宅ローンが組めてたりしますし、自動車ローンで新車に乗っている人もいます。

そう考えると、自分でも住宅ローン審査でもカードローン審査でも通るんじゃないかと考えるわけです。人間だれもが・・

しかし実際には、色々な審査基準があって、これは各行まちまちだったりもするわけですが、中には最初から門前払いてきな扱いを受けるところもあったりします。

そう考えると反対に審査が緩いといいますとそうではなく、積極的に融資をしているところは確実にあるわけです。

統一された審査基準ではないため、お断りをされたり、自分の希望する限度額に及ばなかったりするのがあり、自分の思惑通りにいかなかったりすることがあるので、不思議に思うことがあります。

案外こっちではすんなり審査が通ったんだけど、他のところでは色々とまたされた挙句に減額されたという話もあります。

見方としてはやはり、ある一定のテーブルにのらなければ先には進めないようで、基準となる一定の値が必ず用意しているのです。

単純に考えても、知らない他人にお金を融資するわけですので、誰でも点数がつけれるようにスコアリングというものが必ずあります。

結婚している方がポイント高い?


そうなんです。結婚している方がポイントが高いのです。

クレジットカードを利用している人と持っていない人ではといいますと、クレジットカードを利用している人の方がポイントが高いんです。

このような細かい項目が実際には用意されており、いかにこのお客様は優良なお客さんなのかを判断しなければいけません。

病院で受付を行なうときに、問診票みたいなアンケートをしますよね、あれと同じで初めての方でも把握できるようにカードローンの審査でも用意されているんです。

実際にどのようなものかと言いますと

簡単にいいますと 属性です。

ゲームをやっている方ならわかると思いますが

格闘家・魔法使いといったのを属性となり、社会でのポジションとなりますとやはり勤務先になります。

勤務先

公務員 > 大手上場企業 > 中小企業 > 自営業 > アルバイト > 無職
医者となりますと勤務医か開業医によっても分かれますが、大手・中小のラインになります。当たり前の事ですが無職だと、誰も相手にしてくれない可能性があります。

年収

400万円以上 > 200万円〜400万円未満 > 200万円未満
年収が低いとやはり借りれる限度額も変わってきますし、点数も変わってきます。

雇用形態

正社員 > 契約社員 > 派遣社員 > アルバイト
当然正社員の方がいいわけです。正社員よりまじめに働いているのに、第3者からしてみますと、そのような勤勉さはわからないのです。

健康保険証の種類

公務員の共済保険 > 大手企業の組合保険 > 中小企業の社会保険 > 国民健康保険
ここでも格差か・・・と思ってしまいますが、点数をつけるとこうなってしまうのです。

勤続年数

10年以上 > 5年〜10年未満 > 1年〜5年未満 > 6カ月〜1年未満 > 6カ月未満
長く同じ会社にいる方が評価は高いです。

住居形態

本人名義の持ち家 > 家族名義の持ち家 > 官舎・社宅 > 賃貸 > 公営住宅
家族名義の持ち家ですと、支払うものも少ないので評価が高くなり、公営住宅ですと過去のデータを比較しますとリスクが高いということで、一番低いランクになっています。

居住年数

10年以上 > 5年〜10年未満>3年〜5年未満>1年〜3年未満>1年未満)
長く住んでいる方が評価高いです。

家族構成

家族と同居で独身 > 既婚で家族と同居・子なし > 既婚で家族と同居・子あり > 既婚・同居なし > 独身で1人暮らし
ようするに、家族がいて、お金の支払いが少ない人が有利ということになり

結果的に最強の属性は

公務員で、親と同居している勤続年数の長い独身ということになる。

属性がよければカードローンも有利とは限らない

果たしてこんな人が?

最強の属性の方が果たしてカードローンを組むのか?もしくはすぐ返してしまうのでは?と勘ぐるのもありますので、最強の属性が必ずしもいいとは限らないのがカードローンの評価になります。住宅ローンに限っては最強属性が無敵かもしれません。

カードローン系は長く借りてもらってなんぼの世界です。金融機関は利息で商売をしているので、早く返されるのは嫌がりますし、もう借りてくれない感じがする人には貸さないというのがあり、長く借りてもらえて商売が成立しますので、取引期間が長い人が点数が高いです。


取引実績

4回以上 > 1〜3回 > はじめて
何回も取引していると好印象で、返済も遅延がないと、なお良し

取引期間

13カ月以上 > 7〜12カ月 > 6カ月未満
当然のごとく長い付き合いの方が好まれます。

現在の借入残高

もしろん少ない方がよい。住宅ローンなどを支払っていると残債が多いので、ちょっとマイナスになりそうです。

他社借入件数

0〜1件 > 2〜4件 > 5件以上
ここはやはり他社でどれだけ借りているのかがポイントで、この情報は隠してもわかってしまうことなので、できるだけ多くない方がよい


結論として

借りてくれる人を上客としますので、申し込みをされる事自体はうれしいはずです。ノルマありますから・・・貸すのが仕事ですので渋りはしますが検討はしてくれます。

最強はやはり公務員で親元、独身で、取引実績ありになります。
ですが、アルバイトでも主婦でも借りる額によっては問題ないです。

ただ守らなくてはいけないポイントは
返済実績がしっかりとしていること、ちゃんと遅延していないことです。
あとはむやみに何社も申し込まない。

取引実績がある会社で、返済も滞りなくしているのであれば、すんなりと融資はOKと出るはずです。他社で借りていたとしても遅延していることまでは、把握できませんが、あまりにもずうっと返済していないのであれば要注意に入り、情報共有になってしまうので注意が必要です。遅延といっても5日遅れたとかそういうレベルの遅れであれば大丈夫です。

おすすめ情報

お金をまずどうしたいかを考えると、長期に渡って何かに向けて稼ぐ方法と、まず身内からお金を借りて返す方法、急ぎであれば先に身内から借りて、金融機関から融資を受けてまず身内にお金を返して、返済していく方法などがあります。

 今すぐお金欲しい方はこちら   

こちらの記事もおすすめです

カード審査が通らない
お金がない専業主婦でも借りれる
マジで金ない
継続はお金を生む
お金がない時の相談相手