確実に浪費を抑える方法

お金がない > 対処法 > 浪費癖を直す

キャッシング極意お金がないのを脱却するには浪費を脱却しないといけません

無駄な出費を抑えることが有効

人が浪費してしまう心理、無駄遣いをしてしまう時期を知って、その時期の出費を抑えるというルールを制定して防止にこころがけるということです。

多くの人が思っているケースだと、毎月の出費には愕然とした行動結果があります。それは給料日が出たあたりに出費が増えるということと、給料日直前には出費が減るという行動結果になっているのです。

当たり前の行動結果と思うのかもしれませんが、現金が手元にあれば使いたくなりますし、お金がなくなってきたら抑えるようになるのは心理的にみても納得です。

給料日前だとほしいものがあっても我慢して、飲みにいくのを控えたりしますが、給料日になると、いざ飲みに行こう!という気持ちになり、ついつい気が大きくなって財布のひもが緩くなってしまいます。

そう考えますと、給料日直後の浪費が実は習慣化されている人が多いというのが、わかってきます。

習慣化をシャットアウト


まずはこれを原則的に中止にするのがよいです。例えば給料日から10日間をお金に関わることを禁止する。例えば旅行やショッピング、外飲みを禁止にします。

これが効果があるのか?という感じですが、実際に10日間という設定をすると、この期間中に普通に食材などで日々の生活費にお金を使っているわけですので、そこそこお金が出ているわけですので、10日間解禁されたとしても、サー使おうかな!という高ぶる気持ちが発生してはこないのです。

さー給料が出たから、飲みに行こう!という感情を少しでも禁止に設定する、気持ちも大事ですし、コミュニケーションとして大事な場面もありますので、そのケースに応じなければいけませんが、浪費という部分では自分のご褒美にショッピングに行ったりするのが、実は浪費になったりしています。

バックを買ったとしたら、家に色んなバックがあったらこれは完全に浪費ですよね。コレクションだと思っていても、お金を使っているのには変わりません。

お金をためたいのに貯めれないのは、根本的になんらかの習慣が根付いているのだと思います。何かを禁止するルールを作ることで、確かな変化がおこります。単純に家計簿の締め日を給料日前に設定するするルールでも、節約意識が高いまま次の月を迎えるので浪費を抑えるツールにもなります。給料日が10日だとすると、月初めがベストですね


お金がない時の対処法はこちら


今すぐお金欲しい方はこちら


関連項目満足
継続はお金を生む
お金がない時の相談相手
お金がない

お金が欲しい

対処法

月10万円をもらう方法
食料をツケにする方法
スマホで稼ぐ方法
ドコモで乗り切る方法

Copyright (C) お金がない時の対処法 All rights reserved 運営