給与削減

給料が少なくなるということはお金が足りなくなる

トップページ > ちょっと困る給料減
お金がないときの対処法
公務員給与削減という話はよくちらほらと聞かれますが、民間会社に比べればまだまだ手ぬるい感じはしますし、とうの昔にこれは行なっていなければいけないはずです。現に人口は減ってるわけですし税収も減ってるのですから、住民サービスといっても真面目にやっているかと思えば、架空の生活保護費を計上して、金を巻き上げる職員もいるわけです。

こんなに真面目に働いているのに、なぜ給料が下がるんだと納得がいかない人もいますが、民間の会社員であれば、会社の業績がよくなければ給料がさがるのは当然の流れです。

しかし、住民サービスがモットーの公務員にとっては、なにが業績につながるのでしょうか?住民が満足するサービスは当たり前のことですが、税収を減らさないためにはやはり人口の増加ではないでしょうか?公務員は自分たちの給料が減らないようにする努力は、まず人口の増加。つまりは出産して、ベビーブームをまた到来させることです。

簡単にはいかない問題ではありますが、結婚をして家族を作る環境を構築させるのが大事でもあります。まずは公務員の方が必ず結婚をして子供も3人以上は作るという意識をもってもいいのではと思います。現状の環境で満足して公務員同士で結婚して、子供も作らずに退職までにお金をためて、退職金を2人でしこたまもらって、さらに公務員年金までもらうという。この方たちはある種もらいすぎの例でもある。

たしかに昔は、民間の給料より少なかった時があり、それを補うかのように住宅手当などの優遇措置がとられていました。今では、一般中小企業より多く給料がもらえて、さらに福利厚生が充実しているわけですから、多少の給与削減で減ったり、退職金が少なくなったとしても勤めたい人はいるわけですから、給与削減を今後もされたくないのであれば、子作りをして中長期的な思想を持ってすれば、税収も増えるわけですから、中国の一人っ子政策ではなくて反対に3人っ子政策ぐらいの気持ちで、今働いている20〜30代の公務員の方は頑張った方がいいかもしれません。

お金が減らないためにも人口が減らない仕組みを作るのがいいのかもしれません。
お金が欲しい

対処法

月10万円をもらう方法
食料をツケにする方法
スマートフォンで乗り切る方法
ドコモで乗り切る方法
お金の支払いを延ばす対処法

Copyright (C) お金がない時の対処法 All rights reserved 運営