継続してこそお金を生む

金は天下の回りものなのか?

お金がない > お金とは切れない関係。
お金がないときの対処法
仕事が長続きしないと、当然のごとく給料はでない

つまり継続をしていないと何も生まれてこない

何かのアクションをこなさないとお金は生まれてこない

最小限にとどまることはできるが

何も生まれないで、毎日テレビばかり見てメディアに洗脳されてしまう。

知らぬまに国の借金があたかも国民1人づつに借金を背負われていることになっている。

おかしな話で知らないうちにこうなっているんです。

自分がふとこうしたいなーと思っているだけでは何も生まれてはこないのです。

それをいかに具現化するかで話は見えてくるかと思います。

具現化するにもコツコツと積み上げていかなければそこには到達しません。

そこをやるかやらないかで、大きな隔たりができるのだと思います。

誰かが遊んでいるときに、自分は勉強をしているとか

他と何か違うアクションを起こしていないと、ちょっとしたお金を稼ぐという構造を作ることはできません。

ゴールドオーシャンとかレッドオーシャン、ブルーオーシャンとか

言われているものは

ほんとうにそれは確かなものなのかと言えます。

こういうおいしい話があるんだけどのってみない?

こういうのは昔からよくある話です。

この方法だと必ず、自分に親しい人から話す形になりますので、なんらかの弊害がうまれ、仲が悪くなるという構図ですが、現在ではソーシャルネットワークを用いていますので、直接相手に伝えることなく情報がいきわたる形になり

とても有効に使える手法になりました。

袋とじの雑誌があれば、必ずそこが気になり見たくなるのが人間の心理です。

ふたを開けてみれば、たいした情報でないというのがほとんどです。

だけども言われないとわからないものもあり、聞いてみてそういう手があるんだという事に気付くのがほとんどです。

ネットには色々な情報が反映されていますので、こういったビジネスは人をひきつける謎めいたものがありますので、実際には騙されたと思うケースの方が多いのかもしれません。

考えてみてもわかると思いますが、自分で稼いでいる情報を惜しみなく提供するでしょうか?誰もできそうもない情報を流したりするのはあるかもしれません。

旅をしてみんながうらやましがる情報を提供することで、この人はすごいなーと共感し、どうやったらこの人のように経済的自由・時間的自由を得られるのだろうと思い、この人は何かを持っているんだ!

この人から得られる情報はとてつもなくすごいんだと考え、お金で情報を買い、そうなれるように実践するのです。

でもその人の上になることは不可能ですし、結局はお金をもらえる顧客どまりになってしまうのです。

お金がないときに考えることは、その場しのぎに留まらず、継続してできるものが本当に大事です。一気に5億円が手に入るなら話は別です。

ですが宝くじを当てるより、継続していく方が断然、お金を得られる構造を作れます。

お金が欲しい

対処法

月10万円をもらう方法
食料をツケにする方法
スマートフォンで乗り切る方法
ドコモで乗り切る方法

Copyright (C) お金がない時の対処法 All rights reserved 運営