審査に落ちた場合

お金がない > 対処法 > 審査が不安で気になってしょうがない

ローンを組んでいるということは信用度も高いし審査緩い


世帯を持って賃貸に住んでいると、どうしても支払っていることを考えたら、家かマンションを買った方がいいと思い、独身時代から貯めていた貯金を頭金にして買われる方もいますし、最近では頭金なしでも住宅ローンが組める商品が出てきましたので、とても購入しやすい形になっています。

買われるタイミングは様々ですが、家族がいる方が購入される方が多いので、子供が幼少のころに買われる方が多いです。そして30年だったり35年だったりする長期ローンです。一定の返済は毎月出ていきますし、子供が大きくなるにつれて成長をみるのは大変うれしいことですが、色々と出て行くのはあきらかです。

大学には行かせなくてはこれからの将来にとって不可欠でもあるので、できれば国立と願うけれども、私立にいくとなると、あれよあれよで知らないうちに金額が出て行きます。こうなったらやはりローンを頼るしかありません。

30歳の時に住宅を購入しても、お子さんが20歳ぐらいになった時は50歳です。ちょうどバリバリと家族のために働いているときがお金を必要としてくる年代です。

金融機関もそういう理由を充分に知っていますので審査が緩い感じになり積極的です。


逆に住宅ローンや自動車ローンを組んでいる人の方が審査の際には評価が高い傾向にあります。

その年代で住宅ローンなどを組んでいない人といいますと金持ちで現金で買われる方や、高級賃貸で、希望の物件が出るまで待つ方だったりしますし、頭金ができるまで賃貸で暮らす人もいます。

また、ずうっと賃貸での暮らしを余儀なくされている方もいます。基本的には住宅ローンで購入したとしても、実質的には自分の家ではありません。ローンが払い終わってやっと自分のものになるわけです。

とはいっても住宅ローンを組んでいる方が、新たにお金を借りる場合においては、高額の融資をうけれる人ということで属性がよいと判断されるわけですので、働き盛りで家族の生活を支えて、頑張る親をを応援してくれるカードローンということになります。

住宅ローンや自動車ローンを組んでいるということで社会的信用も高いと評価されます。借りれるときに借りれないのは実績がないという理由で断られるというのもありますので、借りるお金の使い方によっては金融機関も積極的な姿勢をみせます。

おすすめ情報

お金をまずどうしたいかを考えると、長期に渡って何かに向けて稼ぐ方法と、まず身内からお金を借りて返す方法、急ぎであれば先に身内から借りて、金融機関から融資を受けてまず身内にお金を返して、返済していく方法などがあります。

 今すぐお金欲しい方はこちら   

こちらの記事もおすすめです

カード審査が通らない
専業主婦お金がない
マジで金ない
継続はお金を生む
お金がない時の相談相手

対処法

月10万円をもらう方法
食料をツケにする方法
スマホで稼ぐ方法
ドコモで稼ぐ方法

すぐにお金欲しい
自分がお金を大事にする意識
お金が寄ってくる方法
男と女のお金がほしい欲求理論
ネットでお金を稼ぐ方法

Copyright (C) お金がない時の対処法 All rights reserved 運営